1. TOP
  2. DIY
  3. 【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

 2021/09/17 DIY キャンプ料理  

皆さんこんにちは、たびゅうどのガヤさんです。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

キャンプの朝に飲むコーヒーって格別ですよね。
私もキャンプ場の朝には必ずコーヒーを飲んでゆったりとした時間を楽しんでいます。

こんなにも毎回楽しんでいるんだから、自分専用のコーヒーを作ってみてもいいかもしれない…ということで今回はキャンプに行った際に飲む専用のコーヒー焙煎をやっていきたいと思います。
焙煎は初めて行うので上手くできるかわかりませんが、自分の気に入った味を見つけられるよう、チャレンジしてみたいと思います。

今回の作戦

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

ガヤさんの考えるコーヒーの種類についてまずご説明したいと思います。
コーヒー焙煎は大きく分けると「浅煎り」「中煎り」「深煎り」の3つに分かれます。さらに細かく分類すると全部で8種類くらいに分けられます。
今回はまず大雑把に「浅煎り」「中煎り」「深煎り」を作ってみて、そこから自分が好きなコーヒーへ微調整していきたいと思います。

今回用意したもの

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

今回用意したものは以下の通りです。

  • 生豆 コロンビア1kg
  • デジタル計量器
  • 手持ち鍋 ※ダイソーで500円でした
  • シェラカップ
  • カセットコンロ
  • トレイ
  • ざる
  • うちわ
  • スマホのストップウォッチ機能

焙煎開始!

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

今回はコーヒーを100gずつに分けて焙煎していきたいと思います。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

火加減はこれくらい。五徳のところまでくらいの火にしましょう。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

鍋を火にかけて温めたら、先に分けておいた生豆100gを鍋に入れてタイマーをスタートさせます。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

豆を火にかけている間は、水平に振って3秒くらい放置、また水平に振って3秒くらい放置の繰り返しです。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

鍋ふりを繰り返していると、だんだんと豆に色が付いてきます。煎っている間は時々鍋の蓋を開けて、190~200℃を維持するようにしましょう。
パチパチ音が鳴ったらそれが1ハゼ。
焙煎によってコーヒー豆からは炭酸ガスが発生し、これらの化学反応によって豆が耐えられなくなり「裂ける」現象のことを指します。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

1ハゼが収まったら火を止めて何回か降ってストップ。時間は焙煎開始から9分40秒ほど。豆はザルに出して冷ましておきましょう。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

ザルにあけた豆は、うちわも使って素早く冷やします。すぐに豆を冷まさないと焙煎が進んでしまうようなので、しっかりと熱を取りましょう。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

熱が取れたらこれで浅煎りの完成!
同様に火にかけている時間をだんだん長くすることで「中煎り」「深煎り」も作っていきます。

浅煎り・中煎り・深煎りの完成!

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

初めての焙煎でしたが、意外と上手にできました。
左から生豆、浅煎り、中煎り、深煎りです。

浅煎り+2分で中煎り、さらに2分焙煎時間を延ばすことで深煎りになりました。
焙煎を進めていけばいくほど、豆が膨らんで体積が広がっていきます。その反面、質量は減っていっているようです。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

こちらが生豆の状態。豆の形はコーヒーそのものですが、茶色い豆感はまったくありません。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

生豆の時に100gだった豆は、浅煎りになると86gまで軽くなります。

焙煎指数としては1.1627です。
焙煎指数とは焙煎度を数値化したもので、数値が大きいほど濃く苦い味になります。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

これが中煎り。82gまで軽くなっており、焙煎指数は1.2195。

浅煎りよりも濃い味だということです。浅煎りと比べると色が濃くなり、茶色というより黒に近い印象になってきています。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

これが深煎り。79gに変わって、焙煎指数は1.2958になっています。

深煎りはかなり色が濃くなり、テカテカ感も増しています。焙煎することで豆の中から油がにじみ出し、テカテカしてくるみたいですね。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

今回試してみたのは3種類ですが、細かく分類すると焙煎は以下の8種類に分かれるそうです。

❶ ライトロースト
うっすらと焦げ目がついている状態。
黄色がかった小麦色。香り・コクはまだ不十分。
❷ シナモンロースト
シナモン色。ごく浅い炒り方で、まだ青臭く飲用には適さない。
❸ ミディアムロースト
茶褐色。アメリカン・タイプの軽い味わい。
❹ ハイロースト
ミディアムよりやや深い炒り方。喫茶店や家庭で飲まれる。レギュラーコーヒーは、この段階のものが多い。
❺ シティロースト
最も標準的な炒り方。鮮やかなコーヒーブラウン。これも喫茶店や家庭で味わうことが多い深さ。最近ではエスプレッソ用としても用いられる。
❻ フルシティロースト
ダークブラウン。アイスコーヒー用の豆を炒るときはこの段階まで熱を加える。「炭焼珈琲」もこのタイプが多い。シティ同様エスプレッソにも用いられる。
❼ フレンチロースト
強い苦味と独特の香りが楽しめる。カフェ・オ・レやウィンナーコーヒーなど、ヨーロピアンスタイルのアレンジメニュー向きである。
❽ イタリアンロースト
色は黒に近い状態。強い苦味と濃厚な味わい。これが最も深い炒り方で、かつてはエスプレッソ、カプチーノなどに使用されることが多かった。

焙煎したコーヒーを実際に飲んでみよう

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

早速いつもキャンプで使っているコーヒーミルを使って、豆を挽いて飲んでみたいと思います。
コーヒーミルで豆を挽いてみたところ、浅煎りほどハンドルが重い印象でした。豆の水分量や質量で重さが変わるのでしょうか。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

色が分かりやすいように透明なコップにコーヒーを入れてみました。
色はそれほど違わない気がします。深煎りほど色は若干濃くなっている気もしますが、大差は無いと思います。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

まずは浅煎りの味。苦味は強くなく、さらっとしている感じ。
香りもそれほど強くなく、ちょっと酸味を感じます。総じてパンチが無い、お茶を飲んでいるような感じといった印象です。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

続いて中煎り。
香りは浅煎りと比較して強くなっていて、苦みがガツンとくる感じはしませんが程よく感じます。最後に若干の甘みがある感じで非常に飲みやすい印象です。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

最後に深煎り。中煎りに比べて苦みが増しました。やはり焙煎時間に応じて苦くなるようです。

しかし後味はスッキリ。煎った際の油によるものなのか、最後は少し甘みを感じ、口の中がスッキリとする印象でした。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

私がキャンプ場で飲みたいコーヒーはどうやら深煎りのコーヒーで決まりみたいです。
最初の苦みから、飲んだ時のコーヒー感を一番強く感じました。今回作ったものの中ではこのコーヒーがキャンプに合っていると思います。

市販のコーヒー豆と飲み比べてみた

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

これはいつも飲んでいるコーヒーです。
イタリアンローストと書かれているので、私が深煎りしたものと煎り具合は近い感じだと思います。今回のコーヒーの出来具合の確認も含めて、市販品と飲み比べてみたいと思います。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

左が今回焙煎したコーヒー。右がいつも飲んでいるイタリアンローストのコーヒー。見た目は大体同じくらいだと思います。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

先ほど同様にコーヒーを淹れてみました。右側がガヤさんコーヒー。左が市販のコーヒーです。
色はほとんど一緒。香りはガヤさんコーヒーの方が気持ち強いかもしれません。(すでに室内がコーヒー臭でいっぱいだったのでよくわかりません。)

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

まずいつものコーヒーを飲んでみました。非常に飲みやすいです。
苦みとかを強く感じるわけではないのですが、ガツンと来ない分非常に飲みやすく仕上げられていると思いました。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

続いてガヤさんコーヒー。飲んでみると苦みを先ほどよりも強く感じます。焙煎時間が若干長めなのかもしれません。

インパクトでいったらガヤさんコーヒーで違いないと思います。朝に飲むと目が覚めてとっても良さそう!

しのピーにもどっちがいいか聞いてみた

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

自分ではどうしても贔屓目で見てしまう気がしたので、しのピーにも試飲してもらいました。
どちらがガヤさんコーヒーなのかはしのピーには教えていません。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

しのピーの感想をまとめると、「わからないなぁ…」「どちらもおいしい」といいつつも、ガヤさんコーヒーの方がフルーティーで酸味がある。濃いために美味しい気がすると言ってくれました。

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

種明かしをしたところ、メチャクチャびっくりしてくれました。
お互い味が似ていて非常にシビアなんだけど、市販品とこれだけ勝負できるのはすごいと感心してくれました。初めてのコーヒー焙煎の割には大成功だったと思います。

まとめ

【キャンプ】キャンプで飲む専用コーヒーを自家焙煎せよ!

今回はキャンプ専用のコーヒーを作ろうということで、3種類まででしたがコーヒー焙煎を行ってみました。今回焙煎してみた3種類の中で私は深煎りを選びましたが、3種類それぞれの良さがあったと思います。

浅煎りのコーヒーは、少しの苦みの後に酸味がある感じ。夕食の後に飲むとサッパリしていいと思います。
中煎りのコーヒーは、ほどほどの苦みと酸味、そして少しの甘みといった感じ。スタンダードな印象なので、お昼におすすめかな?
今回選んだ深煎りコーヒーは朝。目覚ましに飲みたいコーヒーだと思いました。日が明けて、鳥が鳴き出した頃に景色を見ながら味わいながら飲みたいと思います。

焙煎自体は非常に楽しかったです。ただトラブルもあって、焙煎中に豆から油がたくさん出たのか、引火して煙だらけに。火災報知器が鳴ってしまいちょっとした騒ぎになってしまいました。
だから焙煎する際には換気扇の下など、換気に気を付けて行った方がいいと思います

良かったら皆さんも挑戦してみてください。

【 前の記事 】«

【 後の記事 】 »

\ SNSでシェアしよう! /

旅人 -たびゅうど-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅人 -たびゅうど-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

関連記事

  • 【甘くて美味しい】Coleman(コールマン)ホットサンドクッカーで三角チョコパイ作ってみた!

  • 【DIY】ダイソーの貯金箱でウッドストーブ 作ってみた

  • 【焼き比べ】サンマはガス・炭火・焚火の3通りの焼き方のうち、どの焼き方が美味しく食べられるか試してみた。

  • 【キャンプ飯】ホットサンドメーカーで簡単に作る肉巻き3種!

  • 【キャンプ飯】夏キャンプで食べたくなる冷製パスタ3種!

  • 【DIY】冬のキャンプで使いたい、ロケットストーブをペール缶で作ってみた。